DIDYCOlumn(ディディコラム)

体験から選ぶ

カレンダー

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
土・日・祝日、またカレンダー赤色の日にちは、は定休日です。ご注文いただいた商品は翌営業日後の発送となります。






 
DIDYCOlumn(ディディコラム) Vol.1 PR

ぬか漬け作るなら何漬ける?料理番組プロデューサー吾妻聖子さんがぬか漬に挑戦 [提供:DIDYCO]

テレビ番組プロデューサーとしてご活躍される吾妻さんにぬか漬に挑戦していただきました。
グルメな吾妻さんが気に入った食材とは・・・?


※ここからは吾妻さんのレポートです。

「お漬け物ってどうやって作るの?」
6歳の娘に聞かれました。
お漬け物といえば、王道「ぬか漬け」ですよね。
見せてあげたい!という気持ちも手伝って、手軽に挑戦できるもので漬けてみる事にしました。

用意したのはきゅうりと長芋とゆで卵!!

おいしくできますように。

1. テッパンのきゅうり

きゅうりは王道ですよね。
両端を切ってそのまま。一晩でおいしく浸かるということで、野菜室へ…。
そして翌日…
ぬかの中から、取り出します。
娘も「なにこれ〜みそ〜?」などと興味津々です。

お!ちょうどいい!ちょうどいい漬かり具合です!
一晩でこんなに漬かるんだ!!と少し驚きました。
ちょうど24時間くらいで、漬かりすぎず、浅すぎずジャストな感じに仕上がりました。
やっぱりぬか漬けっていいな〜っていうほっとする味です。
娘もおいしい〜!!とポリポリ食べております。
すごくお料理上手な女性になれた気分です。
「これ、私が漬けたの」とか言いたい!
誰でもいいから言いたい!
そして、SNSとかにあげて、みんなに「すご〜い」とか言われたい。
なんにもしてないけど(笑)

2. 酒の肴にピッタリの長芋

長芋は、実は私長芋のキムチが大好きで、キムチがいけるなら ぬか漬けもおいしいのでは…という思いがあっての挑戦です。
長芋は皮をむいて、すこし大きいので、半分にカットしてぬかに沈めました。
ぬるぬるのまま漬け込むので少し抵抗がありましたがえいやっとやってやりました。

一晩漬け込んだ長芋をいただきます!

やっぱり!やっぱりです!!すごくおいしいです。
適度な滑りと、ぬかの旨味。長芋のシャキシャキ感も残っていて、めちゃめちゃおいしいです。
きゅうりよりも、うんと漬かっている様に思います。
ぬかが浸透しやすいのかな。でも、その漬かり具合がたまりません。

「すみませ〜ん!日本酒!」って言いたくなる味です。
これさえあれば、お酒がぐんぐん進みそう!
そして、子供は…。
「ぐえ。何コレ。納豆みたい」
納豆は大好きなくせに、眉間にしわを寄せています。
6歳、まだこの美味しさはわからないようです。

3. 変わり種のゆで卵

そしてゆで卵!!
これはうわさには聞いていたので、是非やってみたいと思っていたんです!!

ゆで卵は気持ち半熟にしたい気持ちが止められず水からゆでて9分!
不安になりながらも、殻を剥きそのままぬかへ。

楽しみでしかありません。
いただきます!

・・・これ、めちゃめちゃオススメです!
最高においしいです。
固ゆででももちろん良いと思いますが、気持ち半熟な感じがまたおいしいんです。

ほんのりと効いた塩気と旨味が、薫製ほどのクセはなく、でもぐんとお料理化したみたいなそんな感じです。
これは、私はもちろん、だんなも子供もおいしい!!と大絶賛!!
次回はもう少しとろりとした黄身で漬けてみたい!!

play_circle_filledまとめ

意外に何でも美味しくできてしまうぬか漬。
こんなに簡単にできるなら、もっと早く挑戦すればよかった!!
ぬか漬けというと、大きな樽に、重しをして野菜に塩をして、毎日手でかき回して…と面倒なイメージしかありませんでしたがやってみると、なんてことはありません。
とっても簡単です!!

切って盛りつけると、立派な一品! これを自分が作ったなんて信じられません。

他にも漬けたいものは沢山あります。
水切りした木綿豆腐(チーズのようになるようです)
セロリ
水なす…

皆さんも、今時のぐんと身近になったぬか漬けに 是非是非挑戦してみてください! そしてそのときは、ゆで卵!忘れないでくださいね。


今回のコラムは・・・吾妻聖子さんに書いていただきました。

吾妻聖子

テレビ番組の制作プロデューサーとして、旅番組、情報番組を担当し、国内外の食文化に精通。
現在は、料理番組プロデュースのほか料理レシピの開発アドバイザーも手掛けている。
一児の母として食育にも積極的に取り組んでおり、食育インストラクターの資格を持つ。
おおらかで明るい性格のキャラクターから、「ママP(プロデューサー)」の裏ネームを持つ。WEBメディア『日本全国お取り寄せ手帖』にて連載中。

今回吾妻さんに使っていただいたぬか床セットはこちら!

「ぬか床セット」詳細はこちら keyboard_arrow_right

インナービューティープランナー協会・管理栄養士の木下あおい先生が監修したぬか床セット。
天然酵母がたっぷり入っているので、すぐにぬか漬けをつくることができ、野菜の栄養価も大幅にアップします。

乳酸菌の含有比較

原料は全て国産なので、お子様でも安心して食べられますよ。

「ぬか床セット」詳細はこちら keyboard_arrow_right
InstagramDIDYCOインスタグラム更新中です!!