DIDYCOlumn(ディディコラム)

体験から選ぶ

カレンダー

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
土・日・祝日、またカレンダー赤色の日にちは、は定休日です。ご注文いただいた商品は翌営業日後の発送となります。






 
DIDYCOlumn(ディディコラム) Vol.21 PR

冬でもしっとりとしたお肌になれる、美肌に効く食材、調理方法とは?!



インナービューティープランナーの矢野ちかこさんに、乾燥肌を防ぐ食材や調理方法についてお伺いしました。

秋

秋冬は特にカサカサの乾燥肌が気になる季節…
だからこそ、乾燥肌を改善するためにはスキンケアだけではなく、内側のケアから見直しましょう。
今回は乾燥肌を防ぐ食材や調理方法についてお伝えします!

加齢やダイエット、偏った食生活、不規則な生活習慣などによって、肌のターンオーバーが乱れ、 角質層の水分や天然保湿因子(NMF=肌の角質細胞内にある水分をキープする働きがある天然保湿因子)などが少なくなると、 皮膚の表面がカサついて乾燥した状態になります。

水分

潤いのある健やかな肌を作るためには、このターンオーバーのサイクルを正常化し、 肌の水分量を高める必要があります。そのためには、乾燥肌を改善してくれる 栄養素を含む食べ物を積極的に摂り、普段の食事から乾燥肌対策をしましょう。

乾燥肌の改善に効く栄養素と食べ物は?

納豆

【タンパク質】

角質細胞内にある天然保湿因子(=角質層の中で水分を含み、保持する)は、 アミノ酸が原料です。アミノ酸を豊富に含む肉や卵などの良質なタンパク質を摂取しないと、 潤いの素となる天然保湿因子が不足してしまうことに…また、タンパク質はコラーゲンのもととなるので、 不足すると肌のツヤやハリもなくなってしまいます。
肉類の中でもササミや赤身肉、納豆などがおすすめです。 タンパク質を分解する役割があるビタミンB6と一緒に摂取すると、効率よく吸収できます。

オイル

【オメガ3系脂肪酸】

「オメガ3脂肪酸」とは、DHA・EPAなどの「多価不飽和脂肪酸」の一種のことです。 オメガ3脂肪酸がもつ肌のターンオーバーをサポートする働きにより、潤った美肌を目指すことができます。

この栄養素は青魚に多く含まれるので、肉類だけの偏った食生活には注意が必要です。
多く含まれる食材・・・アマニオイル、エゴマ油、イワシやサンマなどの青魚など。
オメガ3系の脂肪酸は、熱に弱く酸化しやすいため、ドレッシングとして使うなど、 生のまま摂取するのがおすすめです。酸化すると体内で活性酸素になるので、 直射日光の当たらないところに保存し、開封したら早めに使い切ることを心がけてください。
EPAやDHAなどの良質な脂を含む青魚は、グリルなどで焼くとせっかくの脂が落ちてしまいます。 より効果を期待するなら、刺身など生のまま食べたり、 煮魚にして煮汁ごといただいたりすることがベターです。

野菜

【ビタミンA】

ビタミンAは肌の働きを正常にする役割を示します。 ビタミンAはニンジンやカボチャなどの色の濃い野菜(緑黄色野菜)に多く含まれ、 肌のターンオーバーを活発にし、皮脂膜や天然保湿因子の生成を促し、 皮膚や粘膜のうるおいをキープします。油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、 オリーブオイルなどの油で炒めたり、肉と一緒に食べたりするようにしましょう。 βカロテンは水溶性のビタミン。そのため、長時間水に浸けたりゆでたりすると、 水と一緒に栄養素が流れ出てしまうため、βカロテンを含む食材を洗う時は、さっとすすぐ程度にしましょう。

美容

【ビタミンB群】

ビタミンB群の中でも、とくにビタミンB2とB6は美肌のカギです。 糖質や脂質の代謝を促進し、細胞の再生や健康な皮膚成長を助けるビタミンB2が欠乏すると、 ターンオーバーが乱れ、乾燥やニキビなどの肌荒れが起きやすくなったり、 シミの元にもなります。タンパク質の代謝に欠かせないビタミンB6は、 ホルモンバランスを整える働きがあります。 ホルモンバランスの乱れは肌トラブルを招くので、積極的に摂りましょう。
ビタミンB群は水溶性のため、ゆでると水の中に栄養素が溶け出してしまうので要注意。 一度に大量のビタミンB群を摂取しても、1日に必要な分量以外は、 尿ともに体内から排出されてしまい、蓄えておくことができません。 毎日こまめに摂取することが大事です。

ナッツ

【ビタミンE】

若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEは、血行促進や肌のバリア機能の強化など、乾燥肌には良いことずくめです。 ビタミンEの血流改善効果によって全身に血液が供給され、細胞の新陳代謝が活性化されることで 皮膚のカサつきが改善、肌にハリやツヤが出るといった効果も期待できます。
さらに、皮脂の酸化を防止し、肌を保護するバリア機能を高めることで、 紫外線などの外的刺激から肌を守り、健やかな肌へと導きます。 多く含まれる食材はごま、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボカドなど。
ビタミンEと同じく抗酸化作用がある、ビタミンAやCと一緒に摂るのがベスト。 相乗効果でさらに美肌へと導いてくれます。

フルーツ

【ビタミンC】

ビタミンCは、美肌には必須の水溶性ビタミンのひとつです。 体内の活性酸素を分解して肌へのダメージを防ぐほか、お肌の弾力を担うコラーゲンの生成を助け、 肌のターンオーバーを整えてくれます。多く含まれる食材としては、 いちごやキウイなどのフルーツ、ブロッコリーなど。ビタミンCは加熱に弱いので、 フルーツや野菜はなるべく生で食べるのが理想的です。 加熱調理の際は、野菜は焼くよりも茹でる・茹でるより蒸す方が、ビタミンCを効率よく補えます。 ビタミンCは空気に触れると酸化しやすいので、食べる直前にカットしましょう。


乾燥を迎える秋冬にオススメの簡単&最強メニューはこれ!

乾燥肌には、タンパク質やビタミンなどを取り入れた、バランスのよい食事が大切。 毎日、魚や肉を使ったメイン料理に、みそ汁や青菜などの野菜を使った副菜などを添えれば完璧ですが、 毎日完璧なメニューを用意するのは難しいこともありますよね。

鍋

そんな人におすすめなのが、これからの寒い季節にもぴったりの寄せ鍋です。 肉類、豆腐、野菜などタンパク質やビタミン類がまとめて摂取でき、 残ったスープは水に溶け出した栄養素も摂取することができます。
乾燥肌でお悩みのある方は、普段口にしている食べ物を見直すことで乾燥肌を改善できます! 今回は栄養素のタンパク質、オメガ3系脂肪酸、ビタミン(A、B群、E、C)に注目してみました。
食べ物を見直してお肌の保湿力アップを目指しましょう。


矢野ちかこ

矢野ちかこ

インナービューティープランナー

インナービューティフードスペシャリスト

日本化粧品検定2級取得

外側からと内側からのキレイを目指し、【美人になるカレー】きらきら会を開催。また、100%植物性のスキンケア・ハンドメイドコスメレッスンを自宅開催。8歳娘の母でもある。

オフィシャルblogはこちら keyboard_arrow_right


最新の記事はこちら

  • Vol.21

    PR冬でもしっとりとしたお肌になれる、美肌に効く食材、調理方法とは?!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.20

    PR食欲の秋に旬な食材を楽しむためのおすすめ発酵調味料

    keyboard_arrow_right
  • Vol.19

    PR夏バテなんか怖くない!夏バテの原因と予防レシピで暑さを乗り切ろう!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.18

    PRスイーツから楽しくキレイをはじめよう!体に負担をかけないスイーツの選び方&作り方

    keyboard_arrow_right
  • Vol.17

    PRみんなでワイワイ盛り上がる!料理芸人 クック井上。が一口生餃子と日本一長〜い餃子に挑戦!!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.16

    PR水だけでキレイを叶える調理法! ウォータースチーム(低温調理)とは?

    keyboard_arrow_right
  • Vol.15

    PR食べてキレイに代謝アップ!夏に向けて、痩せやすい体作り♡

    keyboard_arrow_right
  • Vol.14

    PR安心、ヘルシー、おいしい! 料理芸人 クック井上。がアレルギーフリーアイスを食べてみた!!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.13

    PR子どもたちも楽しめる♪料理芸人 クック井上。が可愛いマシュマロフォンダントづくりに初挑戦!!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.12

    PR春野菜でおいしくデトックスしよう!冬に溜め込んだ毒素を出してくれる野菜とは?!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.11

    PRおうちじゃ絶対にできないはずの高級和食店の味が簡単に!?料理芸人 クック井上。が自然薯麦とろろセットをレポート

    keyboard_arrow_right
  • Vol.10

    PR「丁寧な暮らし」の第一歩は、日々に“ストーリー”をつくること。

    keyboard_arrow_right
  • Vol.9

    PRお料理だけじゃもったいない!お酢で作る発酵スイーツ

    keyboard_arrow_right
  • Vol.8

    PR次世代スーパーフード、どう食べる?料理芸人 クック井上。が教えるモリンガのお手軽アレンジ!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.7

    PRお味噌汁だけは飲んで。日本伝統食である発酵食品『味噌』の魅力!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.6

    PRぬか床ダメにしちゃった人全員にオススメしたい!料理芸人 クック井上。が「手軽すぎるぬか床」を初体験!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.5

    PR疲れた心と体を癒す!ほっこり甘酒生活のススメ

    keyboard_arrow_right
  • Vol.4

    PR発酵食品「ぬか床」の魅力を再発見♡オシャレにぬか漬をスタイリング

    keyboard_arrow_right
  • Vol.3

    PR劇団EXILE小澤雄太の「からだづくりの秘密」とは?

    keyboard_arrow_right
  • Vol.2

    PRいつものご飯に混ぜて炊くだけ。簡単!糖質制限。料理番組プロデューサー吾妻聖子さんがこんにゃく米に初挑戦!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.1

    PRぬか漬け作るなら何漬ける?料理番組プロデューサー吾妻聖子さんがぬか漬に挑戦

    keyboard_arrow_right

注目の記事はこちら

  • Vol.8

    PR次世代スーパーフード、どう食べる?料理芸人 クック井上。が教えるモリンガのお手軽アレンジ!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.1

    PRぬか漬け作るなら何漬ける?料理番組プロデューサー吾妻聖子さんがぬか漬に挑戦

    keyboard_arrow_right
  • Vol.10

    PR「丁寧な暮らし」の第一歩は、日々に“ストーリー”をつくること。

    keyboard_arrow_right
  • Vol.6

    PRぬか床ダメにしちゃった人全員にオススメしたい!料理芸人 クック井上。が「手軽すぎるぬか床」を初体験!

    keyboard_arrow_right
  • Vol.3

    PR劇団EXILE小澤雄太の「からだづくりの秘密」とは?

    keyboard_arrow_right
  • Vol.2

    PRいつものご飯に混ぜて炊くだけ。簡単!糖質制限。料理番組プロデューサー吾妻聖子さんがこんにゃく米に初挑戦!

    keyboard_arrow_right
DIDYCOlumn記事一覧へ
InstagramDIDYCOインスタグラム更新中です!!