産後の宅配弁当はいつまで続けるべき?葉酸や鉄分が取れるおすすめサービス7選!

産後においしく利用したい宅配弁当7選をご紹介します。

 

産後の1カ月ほどは母体が休養と栄養を求めています。

家事の負担を軽くして、バランスの取れた栄養補給もできる宅配弁当は欠かせませんね。

 

そんな、産後に宅配弁当はいつまで続けるべきで、どんな栄養が必要なのでしょうか?

 

ということで今回は、産後の宅配弁当はいつまで続けるべきで、どんな栄養が必要なのか紹介したいと思います。

産後の宅配弁当はいつまで続けるべき?

産後の1カ月前後は宅配弁当を利用すべきで、お産で疲れた身体を休ませつつ、赤ちゃんの世話に集中するためです。

 

身体が元に戻ろうとする産後6~8週間を「産褥期(さんじょくき)」と呼びます。

産後3週間は横になって身体を休め、6週間までは安静に、とも言われます。

 

その間、宅配弁当を利用することで、家事の負担を軽減して体を休めることができ、赤ちゃんの世話に集中もできます。

 

宅配弁当は1食分から数日間分、まとめて冷凍で届く料理もあり、それぞれの事情に合わせて利用できます。

中には2、3カ月、宅配弁当のお世話になったという方もおられます。

産後に宅配弁当が必要な理由

産後の1カ月前後は、母体が十分な休養とバランスの取れた栄養を求めており、宅配弁当が以下の二つをかなえてくれます。

  • 宅配弁当を利用すれば、まず食事を作る手間を省ける
    ⇒その時間を睡眠に充てたり、他の家事や育児に回すことができる
  • 多くは栄養士が関与して作られている弁当なので、栄養バランスに優れているということです。

 

産後に体重が減らない、増えたという悩みをよく耳にしますが、ほとんどは食事が原因です。

宅配弁当でしっかり栄養を取り、適度な運動で、育児へのパワーを蓄えましょう。

宅配弁当は母体が求める休養と栄養をきっちりとカバーします。

産後に宅配弁当を選ぶポイント

メニューの豊富さ

献立のメニューが豊富かどうかを確認しましょう。

メニューが多彩であれば飽きませんし、バランスある栄養を取ることができます。

栄養素のうち、葉酸は赤血球の元となり、緑黄色野菜に多く含まれます。

 

鉄分は血液を作り、レバー、卵、ヒジキ、シジミなどに豊富です。

特にこの二つは意識して取りましょう。

価格は妥当か

予算を立てて考えますが、料理だけの値段ではなく、配送料なども重要です。

業者によっては入会金も必要なので、費用は全体でとらえて考えてください。

冷凍か出来立てか

冷凍ものであれば保存もきき、食事の計画が立てられて便利です。

 

冷凍ものを頼むと授乳時や休んでいる時に配達があっても出なくてすみます。

ご主人も簡単に準備できます。

 

一方、近くの業者であれば毎食出来立ての弁当を頼めます。

頼んだその日のうちに届けてくれる業者を調べておくと便利かもしれません。

産後におすすめの宅配弁当サービス

シンプルミール

1食あたりの料金 343円~
セット料金 3食1,030円~
1食あたりおかずの数 3品~
配送方法・配送料 ヨシケイグループ
宅配エリア / 配送日 福島県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、福井県、静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、兵庫県、岡山県、広島県、徳島県、愛媛県
調理方法 電子レンジ
保存・賞味期限 賞味期限6ヶ月以上
運営会社  ヨシケイグループ
お試しの有無 初回(お試し)は半額

「シンプルミール」は手ごろな価格なので長期にわたって利用しやすく、メニューも数多く揃っていて栄養面でも偏りなくいただけます。

 

食材宅配のヨシケイが展開する、調理済みおかずの冷凍宅配サービスです。

 

1食分がおかず3品の弁当で食べきりサイズとなっており、量の調節がしやすいです。

しかも料理は和食・洋食・中華とバラエティに富んでいるので飽きません。

 

価格も業界トップクラスの安さを誇り、おかずの品数、量を考えるとリーズナブルです。

 

当日の朝5時まで注文、キャンセルができるので、急ぎの用事が出来ても対応できます。

ただし配送地域が限定されていますので、注意してください。