ウェルネスダイニングが妊婦におすすめな理由!糖尿病や栄養不足も補えて便利!

今回は「ウェルネスダイニングが妊婦におすすめな理由」を解説します。

 

妊娠中は、食べるもの全てがお腹の赤ちゃんの栄養に直結するので、日々の食事には人一倍気を使うと思います。

 

それでも、自分で栄養バランスの整った食事を毎日つくるのは大変ですし、特につわりが酷い場合や、切迫早産で安静が必要な方は、長時間台所に立って料理をすることなど出来ません。

 

そこでおすすめなのが、「健康・手間要らず」の宅配食ウェルネスダイニングです。

 

そんな、ウェルネスダイニングはなぜ妊婦におすすめなのでしょうか?

妊婦にとってウェルネスダイニングを利用するメリット・デメリットは?

 

そこで今回は、「なぜウェルネスダイニングは妊婦におすすめなのか?」、メリット・デメリットも合わせて詳しく解説します。

ウェルネスダイニングが妊婦におすすめな理由

制限食に特化したメニューが豊富

ウェルネスダイニングは、カロリーや糖質などを調整した「制限食」を専門的に取り揃えており、専属の管理栄養士が栄養バランスに配慮したメニューを監修しているため、妊婦でも安心して食べられる点がおすすめです。

 

「糖質制限気配り宅配食」や「栄養バランス気配り宅配食」など、制限メニューは全6種類あり、さまざまな献立でお届けされるので、毎日継続して食べても飽きません。

 

「気配り宅配食」を定期購入すれば、妊娠中の糖質制限などが簡単にできる上、栄養バランスの整った食事を毎日取ることができますよ。

調理が簡単

「気配り宅配食」は、レンジでチンするだけの簡単調理なので、食事の支度を大幅に時短できるところも、日常に負担が多い妊婦におすすめです。

 

つわりが酷い方や「切迫」の方など、妊娠中はとにかく台所での立ち仕事を減らして、安静にしているのが一番。

「気配り宅配食」なら、お皿に移し替える必要もなく、届いたパッケージのまま食べられるので、余計な洗い物が増えない点も助かりますね。

冷凍食で買い置き可能

「気配り宅配食」は冷凍食なので、まとまった量を冷凍庫にストックでき、余計な買い物に出かける回数を減らして妊娠の負担を減らしてくれます。

週に何度もスーパーに買い出しに行き、重い荷物を持ち帰るといったことは、妊婦にとってかなりの負担・ストレスになるでしょう。

 

ウェルネスダイニングを定期利用すれば、毎週必要な量の食事を届けてもらえてストックできるため、買い物の回数がぐっと減り、体を休める時間をより多く確保できますよ。

妊婦におすすめなウェルネスダイニングのメニューはこれ!

「糖質制限 気配り宅配食」は、糖質の摂取量を制限したい方向けに考案されたメニューで、かつ栄養バランスにも配慮された食事なので、糖質制限が必要な妊婦に特におすすめです。

ウェルネスダイニング 宅配

 

1食当たり240kcal(±10%)、塩分2g以下、糖質15g以下となっています。

 

メニューを自分で選ぶことはできませんが、魚料理や肉料理など、「和」「洋」「中」のさまざまな献立で届けられるので、毎日飽きずに糖質を制限した食事を続けられますよ。

\今すぐ「ウェルネスダイニング」を試す/

ウェルネスダイニングの口コミ・評判まとめ

この投稿をInstagramで見る

 

miyuki 0v0(@dmwedding0923)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

kkww(@kkkwww202003)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

カン太(@yutan0708)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

けいこLondon(@keiko679)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

 

nari(@nari_ism)がシェアした投稿

ウェルネスダイニングを妊婦が使うメリット・デメリット

メリット

糖質過剰を防止できる

妊娠中に糖質過剰になると、妊娠糖尿病などさまざまな病気の引き金になり得るので、上記の「糖質制限食」を継続すれば、糖質過剰を防ぎ、妊娠中にかかりやすい病気を抑止できるというメリットがあります。

体重のコントロールがしやすい

「気配り宅配食」は全て管理栄養士が考案しており、1食当り10品目以上の食材を使用しているので、継続して食べていけば自然と食生活が整っていくという点もメリットです。

 

その結果、自分で食事制限をすると不足しがちな栄養バランスもバッチリ摂れて、体重のコントロールも以前より楽になるでしょう。

家事の負担を減らせる

「気配り宅配食」は時短調理で冷凍ストック可能なので、妊娠中の料理や買い物の手間をかなり軽減できます。

 

妊婦の体調には個人差がありますが、料理をしているときの匂いだけで気持ち悪くなる場合や、「切迫」で立ち仕事そのものがNGという状況もあるでしょう。

 

とにかく、妊娠中の家事の負担は極力減らすべきなので、「気配り宅配食」を上手に活用すれば、体を休める時間を十分取ることができますよ。

デメリット

値段が少し高い

「1食当たり694円前後」という値段は少し割高にも感じますが、それでも手軽に妊娠中の糖質制限ができたり、家事を時短できたりすることを考えると、特に妊婦は利用するメリットの方が大きいと言えるのではないでしょうか。

 

定期コースなら送料が半額ということもあり、継続して利用する方がお得感を感じられるはずですよ。

量が少なめ

「気配り宅配食」だけでは量が少なく物足りないと感じる方もいるようです。

 

制限食なので仕方がないことですが、逆に言えば、食生活が整っていくのと同時に体重のコントロールが簡単になるので、妊婦にとってはうってつけの食事と言えるのではないでしょうか。

\今すぐ「ウェルネスダイニング」を試す/

ウェルネスダイニングの料金・商品価格

コース名 7食料金(税込) 14食料金(税込) 21食料金(税込) 送料(税込)
カロリー制限気配り宅配食 4,860円 9,504円 14,040円 初回無料
都度お届け770円
定期385円
塩分制限気配り宅配食 4,860円 9,504円 14,040円 初回無料
都度お届け770円
定期385円
たんぱく&塩分調整気配り宅配食 4,800円 9,400円 13,900円 初回無料
都度お届け770円
定期385円
糖質制限気配り宅配食 4,860円 9,504円 14,040円 初回無料
都度お届け770円
定期385円
健康応援気配り宅配食 4,644円 9,180円 13,608円 初回無料
都度お届け770円
定期385円
(厳選)栄養バランス気配り宅配食 4,968円 9,828円 14,580円 初回無料
都度お届け770円
定期385円

ウェルネスダイニングが妊婦におすすめな理由!糖尿病や栄養不足も補えて便利!まとめ・感想

今回は、ウェルネスダイニングが妊婦におすすめの理由を解説しました。

 

妊娠中は、日々の食生活がお腹の赤ちゃんの成長とダイレクトにつながっているため、栄養バランスの良い食事を取ることが最も重要です。

 

管理栄養士監修で栄養バランスに配慮され、かつ妊娠中の糖質制限もできる「気配り宅配食」は、妊婦にとってうってつけの食事だと言えるでしょう。

 

ウェルネスダイニングを妊娠中に活用すれば、「健康的な食事」と「安静にする時間」の両方が手に入るというメリットがあります。

 

妊婦で特に体調が優れないという方は、「健康・手間要らず」のウェルネスダイニングをぜひ試してみてください。

\今すぐ「ウェルネスダイニング」を試す/